2018年度事業報告(2019年2月6日~2019年6月30日)

一般法人法のルールに従い、宗像財団の2018年度の財務情報と事業報告を公開いたします。設立者である宗像康子の意思を形として、少しでも多くを途上国の恵まれない人々、迫害を受けている人々、に届けるために全力疾走いたしました。理念を形にするために多くの努力を重ねたことを、財務諸表と事業報告を通じてお伝えできれば幸いです。

 

宗像財団の特徴となる点をいくつかご紹介いたします。

  • 役員全員無報酬のため、「給与・役員報酬」はありません
  • 事務所借り上げをしていないため、「賃貸料・通信費」はありません
  • アフリカ3ヵ国を視察しているため「旅費交通費」が発生しています
  • アフリカ3ヵ国で16団体を視察し、3団体と事業実施契約を結びました
  • アフリカ3ヵ国とインドで8事業への助成金支援をしています
  • 個人資産からの寄付(2ヵ国3団体)をお手伝いいたしました

 

2019年度も引き続き8事業をモニタリングしていくと共に、宗像財団の取り組みを少しでも多くの人に知っていただけるよう、啓発活動にも注力したいと思います。

 

2019年7月28日

宗像財団代表理事

田中真奈

ダウンロード
2018年度財務諸表(宗像財団・むなかたざいだん)
貸借対照表、正味財産増減計算書、財務諸表に対する注記、付属明細書、財産目録
2018年度財務諸表.pdf
PDFファイル 277.0 KB
ダウンロード
2018年度事業報告書(宗像財団・むなかたざいだん)
事業概要、支援事業、理事会・評議会、定款目的①~③、インターンの活動
2018年度事業報告書.pdf
PDFファイル 960.7 KB