Focus Areas 取り組み

Girl Child Education 女子教育

 

インドの農村地帯では依然として早婚、兄弟の子守、農作業や家事の手伝い、などの理由で少女たちが公立の学校を中退していきます。またアフリカの一部の国では女子割礼のような危険な風習によって、少女たちの健康が脅かされています。宗像財団ではこうした国々での女子教育のプロジェクトを支援しています。質の高い教育とジェンダー平等は国連が定める持続可能な開発計画(SDGs)の開発目標4番、5番となっています。

 

In rural parts of India, girls are dropping out of public schools due to early marriage, to care for their younger siblings, to help out with farming and other house chores. In some parts of Africa, harmful traditions such as female genital mutilation is practiced. Munakata Foundation aims to support the education and awareness of female children in these countries. Quality education and female empowerment are stated as goals no.4 and 5 in the Sustainable Development Goals (SDGs). 

Diversity 多様性の確保

 

多様性の確保という場合、多くの先進国では男女の平等だけではなく、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーと呼ばれる性的少数者(LGBTQ)への平等な権利についても保証されています。しかし多くの途上国ではLGBTQは差別の対象となり、場合によっては犯罪として処罰・処刑されることもあります。宗像財団では性的指向やジェンダーに関わらず、全ての人が平等である社会を祈念し、支援します。

 

In most developed countries, diversity not only includes gender equality, but also the inclusion of sexual minorities such as lesbian, gay, bisexual, and transgender (LGBTQ) individuals. However, in most developing countries, LGBTQ individuals are discriminated and sometimes considered an object of a criminal conduct or the death penalty. Munakata Foundation believes in equality of all human beings regardless of sexual orientation or gender identity.


 

Minority Support マイノリティーへの支援

 

「人身売買で性被害にあう少女たち」の映像や写真を目にすることはあるかもしれませんが、「人身売買で性被害にあう少年たち」について語られることがあまりありません。同様にミャンマーからバングラディッシュに逃れるロヒンギャ難民の映像は大々的に報じられていますが、人口よりも多くの難民を受け入れることになったバングラディッシュ側のコミュニティーへの支援は僅かです。宗像財団ではこうした「報じられることの少ないマイノリティー」への支援を積極的に行っています。

 

When you hear the word of "trafficking" and "sexual exploitation", you might intuitively think about girls. However, there are quite a few boys who become victims of trafficking and sexual exploitation. Likewise, news about the Rohingya refugees from Myanmar have been widely reported and acknowledged, whereas the suffering of the host community in Bangladesh, accommodating more refugees than their own population, has hardly received any funds. Munakata Foundation actively reaches out and supports such unreported causes by minorities.

 

 

 

Poverty Alleviation 貧困削減

 

全世界でいまだ約7億人が1日1.90ドル未満で暮らす貧困状態にあり、うち85%以上はサブサハラ・アフリカと南アジア地域に暮らしています。宗像財団ではサブサハラ・アフリカとインド、パキスタン、バングラディッシュといった南アジア地域を主な支援先として、貧困削減に取り組む個人や団体の訪問を行っています。社会起業やマイクロファイナンス、女性の起業といったものを支援していきたいと望んでいます。「貧困をなくそう」「飢餓をゼロに」といった目標はSDGsの開発目標1番と2番になっています。

 

In the year 2019, there are still over 700 million people living below the poverty line (1.90 USD per day), and more than 85 percent of those people live in Sub-Saharan Africa and South Asia. Munakata Foundation focuses mainly on individuals and organizations active in Sub-Saharan Africa, India, Pakistan, and Bangladesh (South Asia). We would like to support social entrepreneurship, micro-finance, and women's entrepreneurship.  "No Poverty" and "Zero Hunger" are stated as goals no.1 and 2 in the Sustainable Development Goals (SDGs).