COVID-19関連の支援

世界的な新型コロナウイルスの蔓延とロックダウンを受けて、宗像財団では3月下旬から、パートナー団体を通じた追加支援を行っております。5月下旬の現時点では、インドの人身売買からのサバイバー受け入れのための追加支援を決定し、都市封鎖を受けて無収入になった、路上での物乞いやダンスなどで生計を立てていたトランスジェンダー女性への支援を開始しています。

 

【パキスタン追加支援①】3月23日のオンライン会議を通じてパキスタンで職業訓練を実施予定だった団体へのCOVID-19対応の追加支援を決定。3月25日より上記の団体を通じたトランスジェンダーの女性への食糧援助がスタート。

 

【パキスタン追加支援②】3月30日に女性への性暴力被害防止プロジェクトに取り組むパキスタンの別団体とオンラインでの現状確認。4月10日に上記の団体より現状分析と追加支援要請(Situational Analysis and Additional Support Report)が届き、追加支援額と方法を決定。

 

【インド追加支援①】5月18日のオンライン会議でロックダウンによって州外で解雇されて戻ったアッサム州の女性についての現状を確認。昨年より支援している人身売買から救出された少女たちのホームへの受け入れを拡大するための、追加予算を承認。

 

写真は追加支援②の団体が行ったCOVID-19の予防啓発活動の様子です。既にHIV陽性で免疫力が低いトランス女性が多い中で、少しでも彼女たちのリスクを軽減できたらと願っております。

日本国内では一斉休校を受けて、小学校低学年向けのオンラインコース(Zoomを通じた双方向の授業)にボランティアで参加しました。全国に先駆けて一斉休校が決まった北海道発の「おうちdeまなび舎」に登録して、3月3日より授業を行いました。

 

ちょうどトイレットペーパーが不足していた時期に、手洗いと食事、インド式のウォシュレット方法を紹介する「インド式暮らし方を学ぼう!」を開講。NHK北海道でも放映されました。

 

また自宅で過ごす時間が増える中でお料理もぜひ覚えてもらおうと「英語でサンドイッチを作ってみよう!」を開講。基本調味料の「さしすせそ」を英語で練習して、包丁を使わずに卵サンドを作りました。

 

現在はロサンゼルスで一斉休校中のアメリカ人の生徒向けに「日本式暮らし方を見てみよう!」の映像作成など、リクエストに応じた映像授業をボランティアで行っています。

TICAD7公式サイドイベント

2019年8月27日にTICAD7公式サイドイベント「アフリカにおけるダイバーシティ&インクルージョン」を主催いたしました。国会議員に占める女性の割合が世界一のルワンダからは女性の政治参加について、LGBTが2015年に合法化されたモザンビークからはセクシャルマイノリティーの方々のインクルージョンについて、またHIV感染者が約100万人とされるマラウイからは「病を得ても、働ける社会」についての発表がなされました。

 

参加者からは「それぞれの国の制度が、日本の遥か先をいっているという印象を受けた」「プラスチックの袋を持っていたら入国すら出来ない超エコ大国がある(と知った)」といった驚きの声も寄せられて、アフリカ=低開発国というイメージを変えたい、という代表理事の田中の想いが届いたことを嬉しく思います。イベントに先駆けて作成されたPVも下記に公開いたします。ぜひご覧ください。

宗像財団設立者

 宗像財団はサンフランシスコ在住であった叔父の故ジョー新宅と叔母の宗像康子より、その資産の贈与を受ける形で設立されました。ジョー新宅は戦中は442連隊に所属し、戦後35年間勤務したアメリカン航空を退職後はボランティア活動に打ち込み、30年以上にわたってサンフランシスコの日本人コミュニティーのために貢献しました。

 

Munakata Foundation was formed based on the will of my uncle, Late Joe Katsumi Shintaku and my aunt, Yasuko Munakata. Joe was a California-born Nisei resident of San Francisco and WWII veteran of the highly decorated 442nd RCT and Purple Heart recipient. After serving his country, he worked for American Airlines over 35 years. After retirement, he devoted over 30 years to Kimochi Inc. as a volunteer for the Senior Lunch Program, and to other volunteer services with the Hamilton Senior Center.

 

宗像財団設立理事

 代表理事:田中真奈 元JICA専門家

設立理事:二階堂有子 武蔵大学経済学部准教授

設立理事:田中かず子 国際基督教大学ジェンダー研究所顧問


代表理事:田中真奈

 国際基督教大学卒、コロンビア大学公共政策学科修士。UNDPマレーシアインターン、JICAラオス事務所在外専門調整員、インド現地NGOプロジェクトコーディネーター、ワールドビジョン・エチオピア・プロジェクトマネージャー、JICAルワンダ短期専門家、JICAタイ短期専門家、JICAパキスタン長期専門家、日本工営株式会社コンサルタント、ワールドビジョン東日本大震災緊急・復興支援部チームリーダー、市進ホールディングス(市進HD) 海外事業部、市進インディア代表取締役、市進HD広報宣伝部、東京都英語村事業(Tokyo Global Gateway)教務部を経て現職。週に1回、高田馬場でノンアルコールバー(バージンバー)のバーテンダーも始めた。

宗像財団評議員・監事

評議員:松浦由佳子 平和・地域開発専門家

評議員:田中誠 日本聖公会司祭・元立教女学院教諭

評議員:穂満将徳 システムエンジニア

幹事:納野知広 公認会計士・税理士・米国公認会計士(カリフォルニア州)

Contact お問い合わせ

 

事務所:1820022 東京都調布市国領町1-25-20-509

Address: 1-25-20-509 Kokuryo Chofu-Shi Tokyo 1820022 Japan

 

E-mail: info★mnkt.org (★を@に変更ください)

E-mail: info★mnkt.org (Please change ★ to @)

 

Facebook: https://www.facebook.com/munakata.org/

(下記リンクより「いいね!」をお願いします)

(Please press "Like!" and follow our updates via facebook)